当センターでのリハビリの流れ

地域生活へ向けたリハビリテーション

当センターでは、病気や事故による後遺症などがある方に対して、回復期リハビリテーション病棟や福祉施設、介護保険施設などにおいて、地域生活へ向けたとぎれのないリハビリテーションを行っています。
また、ご家族はもとより、急性期病院や他の病院・施設、職場、学校など、関係する方々と連携し、皆さまが自分らしくしあわせに生活できるよう支援しています。
当センターでのリハビリの流れ図

回復期リハビリテーション病棟

入院初期から中期は「運動機能の回復とADL(日常生活動作)の向上」を目的としたリハビリテーションを集中的に行い、入院中期から後期には、退院後の生活を見据え「生活能力の向上」を目的としたリハビリテーションを行なっています。
また、ご本人やご家族の精神的サポートや在宅生活へ向けた相談支援・外部調整なども行なっています。

障害者支援施設 にじ

「にじ」では、身体に障がいがある方(交通事故や脳卒中の後遺症、先天性疾患などで麻痺がある方)や高次脳機能障がいのある方などに対して、身体機能の回復を目的としたリハビリテーションのほか、復職や再就職へ向けたリハビリテーションなどの、地域生活へ向けた実践的なリハビリテーションを行っています。

障害福祉サービス事業所 みのり

「みのり」では、一般企業などへの就職が困難な方に対して働く場所を提供しています。また、「みのり」で働きながら一般企業などへの就職を目指す方の就労支援も行っています
ここでは、障がいのある方々が自立した生活を営むことができるよう、一人ひとりに合った様々な支援やサービスの提供を行っています。

通所リハビリテーション事業所

「通所リハ」では、要支援・要介護認定を受けた方を対象に、心身機能の回復や生活の質の向上、また、再発防止に向けたトレーニングなどの、いわゆる「生活期のリハビリテーション」を行なっています。
利用者の皆さまが住み慣れた地域で、心と身体の安定を保ち、生きがいのある人生を送っていただくための支援を行なっています。

相談支援事業

障がいのある方やそのご家族が地域で自立した生活を営むことができるように、日常生活における様々な相談支援を行っています。また、各関係機関との連携強化をはかり、地域における福祉サービスの質の向上に努めています。
さらに、高次脳機能障がい支援拠点機関として専門のコディネーターを配置し、高次脳機能障がいのある方やそのご家族の支援なども行っています。