BRCブログ 四季折々

BRCブログ 四季折々

 

職員研修③「回復期リハ病棟2年目職員症例発表会」を開催しました!

2018-01-15
カテゴリ:回復期リハビリテーション病棟
注目NEW
発表会タイトルスライド
3日間の発表会の始まりです!
会場全景
多くの職員が参加し、活発な討議がかわされました
発表の様子①
準備や練習の成果を発揮し、みな落ち着いて発表していました
発表の様子①
患者さんの心の動きを追った発表もありました
発表の様子③
行ったリハの効果を、どんな職種にもわかりやすいよう工夫をこらしました
質疑応答の様子
先輩の鋭い質問にも、みな落ち着いて答えていました

 

 

当センターの回復期リハビリテーション病棟では
入職から3年までを、
専門職として完全に独り立ちするまでの期間として、
 
  • 新採用職員集合基礎研修(多職種合同)
  • 新人フォローアップシリーズ研修(多職種合同)
  • 1年目症例発表(職種別、他職種聴講可)
  • 2年目症例発表会(多職種合同)
 
などの教育研修を行っています。
 
今回はその中から
11月6日(月)・7日(火)・13日(月)の
3回に分けて開催した
 
2年目職員症例発表会
 
についてご紹介します。
 
1.2年目職員症例発表会の目的は?
 
私たち医療従事者にとって、日々の臨床を振り返る研究は
より良いリハビリテーションを行っていくための、
非常に重要な機会です。
 
この発表会の目的は、
人の最終年度をじきに迎える2年目の職員が、
これまで自分が行ってきた
リハビリテーションやリハビリテーション看護・介護を
しっかりとふりかえることで自分自身の成長を実感し、
さらなる成長のための課題を発見することにあります。

 
2.どんな職種が発表するの?
 
回復期リハビリテーション病棟に所属する
全ての職種が行います。
 
今年度は
  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 理学療法士(PT)
  • 作業療法士(OT)
総勢12名が発表しました。
 
 
3.準備や当日の様子は?
 
発表する職員は、
同じ職種の先輩のアドバイスを受けながら
数か月をかけて準備を進めました。
 
直前の数日間は
予想される質問への答えを考え、
よりわかりやすいスライドやスピーチになるように
発表の練習を繰り返し、当日に臨みました。
 
当日は同じ職種だけでなく多くの職種が聴講し、
技術的なこと、担当チームの連携に関することなど、
発表者の気づきにつながる
さまざま角度からの質問や助言をしてくれました。
 
また、来年自分たちも同じ発表を行う1年目の職員は
落ち着いて質問に答える先輩たちの姿に
1年後の自分の姿を重ねつつ、
気を引き締めているようでした。
 
3日間の述べ参加者は約130名に上り、
発表者にとってもほかの職員にとっても
大いに有意義な発表会となりました。
 
 
4.まとめ
 
今回は回復期リハ病棟の2年目職員が行った
症例発表会についてご紹介しました。
 
この発表会を終えた職員たちは
完全な独り立ちを目指して
新人最終年度の3年目を迎えます。
 
今回の発表内容を
外部の学会や研究大会で発表する職員もいます。
 
また、4月には新採用職員を迎え、
先輩としての行動も一層求められることでしょう。
 
新たなこの年が
彼らが大きく飛躍する1年となるよう期待します。

「にじ・就労移行の取り組み紹介⑯」 【にじクリスマス会】

2017-12-26
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
(バランスを見ながら)
(素敵なネームプレートで気分もあがります)
(今年を振り返って一言)
(司会はにゃんこスター?)
(厨房の方による手作りケーキ!)
(サンタスタッフが取り分けます)

1225日、「にじ」では毎年恒例のクリスマス会が催されました。

ビュッフェ形式でのクリスマスランチ会。

サンタの衣装に身を包んだ職員達の補助でクリスマスのご馳走を頂きました。また、景品付きのくじ引きやスタッフによる出し物など、笑ったりご馳走を食べたりお喋りしたり、普段の訓練とは違い全員が一堂に会して、笑顔の楽しいひと時を過ごしました。

 

就労移行メンバーは、「クリスマスツリーの飾りつけ」、「座席表の作成」、「くじの準備」、「景品のリボン作り」などの事前準備をはじめ、当日の「テーブル・椅子などの会場設営・撤収」など、準備から片付けに携わりながら、クリスマス会も大いに楽しみました。

 

来年も頑張っている皆さんに素敵なサンタさんが来ますように。

                                                                             障害者支援施設<にじ>

九重親方(元千代大海関)と千代丸関が、慰問に来られました!

2017-12-19

先月1129日(水)に、大相撲九州場所を終えた九重親方(元大関 千代大海)と千代丸関(前頭八枚目)が慰問に来てくださいました。

なかなかお会いすることのない九重親方、千代丸関と交流することができ、患者・利用者の皆様は大喜びでした。また、お二人とも写真撮影やサインにも気軽に応じていただき、会場は大いに盛り上がりました。

最後に九重親方から「皆さんの頑張りに負けないようしっかり精進して大相撲を盛り上げていきます。皆さんも頑張ってください」と励ましのお言葉をいただきました。

今後とも九重親方、千代丸関のご活躍をお祈りいたします。

ありがとうございました!

  お相撲さんはやはり大きいです
大分出身の九重親方(元千代大海関)
   CMでも活躍中の千代丸関
   利用者のみなさんと交流
 軽々とお姫様抱っこしてくれました
  がっちり握手をして記念撮影

九重親方(元千代大海関)と千代丸関が、慰問に来られました!(2)

     みんなで記念写真
    ベッドサイドで1枚
気さくに皆さんと握手してくれました
利用者の「握力を測ってほしい」との急なお願いにも、こころよく対応してくれました
  通所リハの利用者と記念撮影
   楽しいひと時でした!!

「にじ・就労移行の取り組み紹介⑯」 【備品チェック/用紙・筆記用具】

2017-12-19
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
各種届出用紙
冷蔵庫横の記入棚
ステーション前
「にじ・就労移行」では、「にじ」施設内で利用者さんが使う筆記具や届け出用紙などの確認・補充を定期的に行っています。
 
まずは「筆記具チェック」です。
ステーション前や会議室などの共有スペースに常備している筆記用具。使えないペンや不足しているものがないか、備品が正しい場所にあるかなど、週1回確認しています。
続いて「用紙チェック」です。
同じく共有スペースに配置された用紙の補充です。
“訓練欠席届”や“外出・外泊届”。さらに“パソコン利用記録表”など。
補充前には、用紙をコピーしたりカットしたり、切り取り線を入れたりの事前準備が必要です。チェックに回る日から逆算して事前に準備しておくという計画性も磨かれます。
 
いずれも“必要なときにその場になければ利用者さんが困る大切なもの”という意識をもって、毎週抜かりなく実施するよう心がけています。
                                                                             障害者支援施設<にじ>

社会福祉法人農協共済
別府リハビリテーションセンター
〒874-8611
大分県別府市鶴見1026-10
TEL.0977-67-1711 ㈹
PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。 最新版をお持ちでない方は、こちらからAdobe readerをダウンロードしてください。(無償)