BRCブログ 四季折々

 

<みのり><相談支援事業所> 「第1回職員研修会」を開催しました!

2017-06-23
研修名:「精神障がいの理解を深める研修会」
講師: NPO法人星座オリオン 相談員 池邊清源氏 
日時:平成29年6月22日(木)15:30~16:30
場所:みのり食堂
参加者:みのり職員23名、センター職員8名
 
<みのり>は、様々な障がいがある方が利用されているため、利用者一人ひとり特性に応じた支援が求められています。職員が利用者の特性を理解することを目的として、平成29年度は合計3回の研修会を予定しています。
今回は「精神障がいの理解を深める研修会」と題して、外部講師をお招きしました。
講師からは、精神障がいに対する理解を深めることの重要性、精神障がいのある方への関わり方のポイントを分かりやすく、また、ユーモアを交えながら説明いただきました。
講義の最後に「職員一人ひとりが心に余裕を持って接していくことが必要」と述べられ、自分自身の実践を振り返る良い機会となりました。
 
大変お忙しい中、講義頂きありがとうございました。
 
   障害福祉サービス事業所<みのり>

<みのり>へようこそ!

2017-06-22
カテゴリ:障害福祉サービス事業所 みのり
オススメ
相談支援専門員より、概要説明
ミニトマト1号温室での説明
ミニトマト選別機は、とても珍しいようでした
<みょうばんクリニック通所リハビリ>の見学
6月21日(水)の午前中、<みのり>へ見学の方々が来られました。
別府市スパランド豊海地区の「いきいきサロン」のメンバー15名の方々です。
 
<みのり>内のミニトマトハウスや、トマトの選別・パック詰めをしている作業棟の説明を熱心に聞かれていました。また、実際にミニトマトを収穫体験され、試食もしていただきました。
 
その後、<みょうばんクリニック通所リハビリテーション>を見学され、当センターの設備や環境の良さに驚かれていらっしゃいました。
 
とにかく皆様、明るくお元気で・・・たくさんの質問をされるなど、好奇心旺盛でした。これが若さの秘訣ですね。私たちも見習いたいと思いました。
 
皆様、ご見学本当にありがとうございました。
 
他の自治会や、老人会の方々のご見学も随時受け付けております。    
<みのり> 0977-67-1713  までご連絡ください。
                              障害福祉サービス事業所<みのり>
 
 
 
 
 
 

<みのり>利用者勉強会について

2017-06-21
カテゴリ:障害福祉サービス事業所 みのり
勉強会名:「熱中症について」
日時:平成29年6月20日(火)
場所:<みのり>食堂にて
参加者:<みのり>利用者、職員 60名
 
暑い夏が迫っている中、熱中症のリスクも高まってきました。
<みのり>でもハウスでの作業などがあり、熱中症予防が大切です。そこで今回、当センター障害者支援施設<にじ>の工藤 美佳恵主任(看護師)を講師として①熱中症に効く成分について・②熱中症対策におすすめの予防効果のある食べ物などについて、説明・紹介がありました。
 
利用者からの質問もあり、改めて熱中症予防の大切さを感じ、有意義なものとなりました。<みのり>・<障害者生活支援センター>の職員でだけなく、皆様も熱中症にならないように気を付けていきましょう。
 
                                                    障害福祉サービス事業所<みのり>

「にじ就労移行支援の取り組み紹介①」 【リハビリ室の清掃】 

2017-06-19
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
リーダーと作業分担を確認します。
自主訓練器具もピカピカ!
窓やテーブルも
床はモップをW掛けです
「にじ・就労移行」では、訓練の一環として、センター内の清掃に取り組んでいます。
 
今日は「にじ」の利用者さんが毎日の訓練で利用される「実践リハビリ室」の清掃です。
リーダー(交代制)の指示で仕事を分担してから作業に取りかかります。障害によって作業出来る箇所が異なりますので、リーダーは考慮して分担を決めています。
窓ふき、床のモップ掛け、机の上やパソコン、筆記具のチェックや棚の整頓、自主訓練器具の清掃からゴミ捨て、各部署を手際よく清掃していきます。
自分の受け持ち箇所が終わったらリーダーに報告してから次の場所へと移り、全員で協力して時間内に作業を終えました。終了時はまたリーダーと全員とで確認を行います。
上手くやるにはどうしたらいいか、各自考えたり助言し合ったりして、工夫して活動範囲を広げていっています。
“ホウレンソウ”の実践も出来ている「清掃業務」。利用者の皆さんが気持ちよくリハビリ室を使用していただけるよう毎週頑張っています。
                                                                                                                  障害者支援施設<にじ>

<にじ>家族教室を開催しました 

2017-06-19
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
注目
障害者支援施設<にじ>では、毎月第3土曜日、家族教室を開催しています。
6月17日(土)に開催された内容をご報告します。
 
「コミュニケーションの障がい」について、言語聴覚士より講義の後、ご家族間の交流会を行いました。
 
内容は、
①失語症と失語症以外のコミュニケーション障がいの概要
②周囲の方へのお願い・・・
 会話をするときの工夫(ゆっくり、はっきりと話す・本人が「はい」「いいえ」で答えられる
 質問をする・絵や身振りや表情を使う・遠まわしな表現ではなく、具体的に伝える)
 など、参考になる内容が盛りだくさんで、皆さん熱心に聞かれていました。
 
ご家族同士の交流会では、退所された方のご家族も参加され、体験談を話されたり・・・
とても和やかな雰囲気でした。
 
利用者の方々の社会復帰には、何よりもご家族の理解と協力が重要です。
 
*次回は、7月15日(土)10時~12時「社会資源について」です。
 充実した内容ですので、多くの方のご参加をお待ちしております。
                                       障害者支援施設<にじ>

社会福祉法人農協共済
別府リハビリテーションセンター
〒874-8611
大分県別府市鶴見1026-10
TEL.0977-67-1711 ㈹
PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。 最新版をお持ちでない方は、こちらからAdobe readerをダウンロードしてください。(無償)