0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【外来リハビリ】下肢装具の異変や修理についてのご相談お受けします

下肢装具には、それぞれ「耐用年数」というものが定められています。

「耐用年数」を超えて使用していると、破損や故障の危険性が増えてきます。

実は「耐用年数」を超えていれば、装具が劣化したり装具が足に合わなくなったりした場合に、保険や身体障害者手帳を利用して作りかえることが可能なのです。

金属支柱付きの短下肢装具
金属支柱つきの短下肢装具の耐用年数は約3年

プラスチック素材で作られた装具
プラスチック素材で作られた装具の耐用年数は、約1年半~2年

「使っている装具の耐用年数がわからない」

「装具がどうもおかしい」

といった場合には別府リハビリテーションセンターの外来リハビリテーションまでぜひお気軽にご相談下さい。

PAGETOP