0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【みのり】優良事例として大分県農林水産部から取材を受けました

大分県農林水産部の取材を受ける「みのり」職員
農林水産部職員の方にミニトマト栽培について説明する「みのり」職員

大分県では「魅力ある、もうかる農業の実現」(大分県ホームページより)をめざし、力強い農業経営体の確保・育成策として、県内外の他産業の企業や県外の企業的経営体の誘致を積極的に推進しており、大分県ホームページ内で、農業参入している企業、事業所の事例を紹介しています

今回、この取り組みの担当である、大分県 農林水産部 新規就業・経営体支援課様から、別府リハビリテーションセンターの障害福祉サービス事業所「みのり」を掲載したい、とのお話をいただき、取材をお受けしました。

取材当日、大分県からは3名の担当者の方が来訪され、農業参入のきっかけや「みのり」経営の特徴、農業参入にあたってよかったことや苦労したこと、農業参入後の課題、新規参入を検討する企業様へのアドバイス、などのご質問をいただきました。

大分県農林水産部の取材を受ける「みのり」職員
2名の「みのり」職員が取材をお受けしました

取材をお受けした「みのり」職員は、農業参入当時のことや、現在のミニトマト栽培をはじめた頃のことをふりかえりながらお答えしました。

その後、温泉熱を利用した1号から3号までの広大な温室に、取材に来られた県職員のみなさまをご案内し、農作業や設備などについてご説明しました。

作業の様子を取材される大分県職員の方
利用者の方の作業のようすを取材される県職員の方

県職員のみなさまからは「障がいをお持ちの利用者の方にとって、安全で使いやすい施設、設備ですね」「これだけの広さなのに、どこも整理整頓されていて、とてもきれいですね」など、うれしいのお褒めの言葉をいただきました。

また、利用者のみなさまと職員の集合写真も撮影してくださり、利用者のみなさまも素敵な笑顔で撮影に応じていらっしゃいました。

写真撮影に応じる「みのり」利用者のみなさまと職員
利用者のみなさまと一緒に写真を撮っていただきました

今回取材は、近日中に大分県ホームページの「大分県への農業参入推進ホームページ」内に、「企業の農業参入事例」として掲載していただく予定です。

ぜひご覧ください。

※掲載されましたら、あらためて法人ホームページ内でご案内します。

  • 「大分県への農業参入推進ホームページ」はこちら
PAGETOP