社会福祉法人農協共済

別府リハビリテーションセンター

〒874-8611 大分県別府市鶴見1026-10

0977-67-1711
0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

「みのり」で支援学校の生徒さんの実習をおこないました

障害福祉サービス事業所「みのり」では、支援学校に通う生徒の方が将来の進路を考えるための実習の受け入れをおこなっています。

今年も9月に2名の生徒さんの実習を受け入れました。

温室でミニトマトの収穫に挑戦しました

1名の生徒さんには農作業を中心とした実習を受けていただきました。

よく実ったミニトマトを見極めて収穫

熟したミニトマトをきちんと選別する支援学校の生徒さん

「みのり」自慢のミニトマトの収穫では、色をしっかり見極めてよく実ったものを選び、収穫することができました。

暑い中温室をきれいに掃除

暑い温室で清掃作業をがんばる支援学校の生徒さん

温度の高い温室ですが、清掃作業にも熱い中がんばって取り組みました。

指導を受けながらミニトマトを選別

劣化したりヘタがなかったりして商品にならないものを選別します

利用者の方にまじって、ミニトマトの選別作業。

 

劣化やヘタなしなど、商品にはならないものについて、指導に沿ってきちんと選別できました。

決まった重さでパック詰め

決められた重さをきっちり守ってパック詰めを行なう支援学校の生徒さん

こうして選別した商品になるミニトマトをパック詰めします。

 

はかりの印をしっかり確認しながら、決まった重さでパックに詰めていきました。

 

生徒さんからは「実習がはじまった頃は分からないことだらけで不安もありましたが、2週目になると実習にも慣れてきて、緊張することなくしっかり最後までがんばることができました。」とのたいへん嬉しい感想を聞かせてくださいました。

軽作業では検品やミニトマトの選別をおこないました

もう一方の生徒さんには、軽作業の実習に挑戦していただきました。

ていねいにせんべいを検品

みやげ物のせんべいをていねいに検品していく支援学校の生徒さん

みやげ物のせんべいの検品では、時間をかけてていねいに検品。

たくさんのせんべいを検品する支援学校の生徒さん

「家に持って帰ってでもやりたい」と感想が聞かれるほど、とても楽しく集中しておこなえたようです。

ミニトマトの選別も一つひとつ確認して

ミニトマトの選別を行なう支援学校の生徒さん

お身体の状態に合わせた台を使ってパック詰め

車いすに乗ってミニトマトのパック詰めを行なう支援学校の生徒さん

ミニトマトのパック詰めでは、車いすの高さや身体機能を考慮し、台を調整したりはかりを変更したりしておこなっていただきました。

 

体調面を考慮し3日間という短い実習ではありましたが、良い体験になりました、といっていただき、わたしたちにとっても良い思い出になりました。

 

2年後、学校を卒業されたら、ぜひ「みのり」を利用していただきたいなと思いました。

「みのり」では随時見学をお受けしています

障害福祉サービス事業所「みのり」では、見学を随時(平日)お受けしています。

ご希望の方、お問い合わせの方は下記までご連絡ください(スマートフォンであればタップで発信できます)。

0977-67-1713(直)
FAX : 0977-67-1715

月曜日~金曜日 8時20分~17時20分

PAGETOP