0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【にじ】就労移行支援の利用者の方が職場実習を受けました

 

実習先で洗濯をおこなうにじ利用者様
実習でタオルを洗濯するA様

別府リハビリテーションセンターの 障害者支援施設「にじ」で就労移行支援を受けていらっしゃる利用者のA様が、阪南理美容株式会社 美容プラージュ様で職場実習を受けました。

約3年の長期にわたり、「にじ」で社会復帰に向け訓練をがんばってこられたA様。就職をめざしてさまざまな会社の見学や面接にも積極的に参加された結果、美容プラージュ様への採用が決まり、令和4年2月から働きはじめました。

仕事の内容は、美容室で使用したタオルの洗濯と、それをきれいにたたむ作業です。

脱水機から洗ったタオルを取り出すA様
脱水を終えたタオルを取り出します

タオルを乾燥機に入れるA様
次は乾燥機に入れます

乾燥機のごみを取っていくA様
乾燥機のごみをていねいに取っていきます

A様は、スタッフの方がスムーズに仕事をおこなえるように、裏方として支えたい!と意気込んでいらっしゃいます。

乾いたタオルを取り込むA様
乾燥が終わったタオルを取り出します

乾いたタオルは丁寧にたたみます
乾いたタオルをていねいにたたみます

美容プラージュのスタッフの方は、両足に障がいのあるA様の段差昇降や狭い通路の移動などを気にかけてくださり、働きやすいよう、さまざまなご提案もいただきました。

今回の実習に至るまでに、「にじ」では「大分障害者職業センター」と連携して事業所開拓や見学、実習をおこなってきました。

雇用後は、大分障害者職業センターのジョブコーチ支援を活用していきます。

この場所に立ち、仕事をするまでに、A様ご自身も多くの困難を乗り越えました。

どんな困難にあっても、他を責めることなく、さまざまな人からのアドバイスを素直に受けいれ、いつも真面目に一生懸命取り組まれるA様の姿がありました。

わたしたち「にじ」スタッフは、そんなA様が、この「社会復帰」のスタートラインから着実に前進していかれることを強く願っています。

PAGETOP