0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【にじ】夏祭りレクリエーションを開催しました

8月24日、障害者支援施設「にじ」では、夏祭りのレクリエーションを開催しました。

輪投げを楽しむ「にじ」利用者の方
輪投げの様子。使っている輪は利用者のみなさまが作ったものです

「にじ」の施設内に、5つのゲームをおこなえるゲームエリアと、かき氷やコーヒーなどを召しあがっていただける飲食エリアを準備して、お祭りがはじまりました。

ゲームエリアには得点表を用意して各ゲームの得点を記入し、その合計に応じた景品をお渡しするようにしました。

射的をする「にじ」利用者の方
射的をされる利用者の方。じっくり的を狙います

また、壁飾りや輪投げ用の輪などは、就労移行支援の作業やグループワーク訓練のなかで利用者のみなさまに作っていただき、準備の段階から利用者のみなさまに参加していただきました。

ゲームエリアでは、先日の回復期リハビリテーション病棟のお祭りでも大活躍した、病棟職員制作、手動式の「ワニパニック」が大好評。利用者のみなさまと、ワニを出し入れする職員の笑いがあふれていました。

ワニパニックを楽しむ「にじ」の利用者の方
ピコピコハンマーでワニを思い切り叩きました

ワニを叩く利用者のみなさまの動きには、普段にも増した力強さや俊敏さがみられ、みなさまの底力に職員は驚かされました。

いっぽう飲食エリアでは、おかわり可能でシロップの種類も多いかき氷に人気が集まり、ご満足いただけたようでした。

かき氷を選ぶ「にじ」利用者の方
メニューや飾りも充実していて本格的でした

 

利用者のみなさまからは、

「楽しかった!またやりたい」

「ストレスが発散できた」

といううれしい感想をいただきました。また、

「準備や片づけが大変だっだでしょう?」

と労ってくださる方もいらっしゃいました。

 

コロナ禍でさまざまなイベントが中止になる中、夏らしいひとときを過ごすことのできた一日でした。

 

※写真の掲載についてはご本人の同意をいただきました

PAGETOP