0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【にじ】就労移行支援の利用者の方が施設外実習を受けました

令和3年10月、新型コロナウイルスが猛威を振るった第5波が収まり、別府リハビリテーションセンターの 障害者支援施設「にじ」で就労移行支援を受けていらっしゃる利用者のA様が、別府市の総合ビルメンテナンス業、株式会社 美装管理様のご協力のもと、別府市内のホテルで、メンテナンスの仕事の実習をさせていただきました。

 

施設外実習を受けるにじ利用者のA様
実習先のホテルの窓から見える景色がとてもきれいでした

就労にむけて、1年以上にわたり「にじ」での清掃作業や事務作業などの実習をおこなって準備をされてきたA様。

今回、実習の機会をいただくにあたっても大変真剣に取り組まれ、ホテルでは使用済みのお部屋の拭き掃除をなさいました。

 

施設外実習を受けるにじ利用者のA様
スタッフの方から清掃のやりかたをていねいに教えていただきました

テーブルやソファ、テレビ、椅子、机などをきれいに拭いていき、高いところにも手を伸ばし、また、足元の時はしっかりしゃがんで、必死に拭いていらっしゃいました。

施設外実習を受けるにじ利用者のA様
教わったとおりに、一所懸命拭き上げていきました

施設外実習を受けるにじ利用者のA様
細かいところも見逃しません。部屋がきれいになると気持ちがいい!

株式会社 美装管理のスタッフの方は、テンポよく、多くの業務をどんどん進めていかれ、使用済みの客室は次々にきれいなお部屋に戻っていきます。

そうしたお忙しい作業のなかでも、A様が仕事をしやすいように説明してくださったり、場所を空けてくださったりと、とても丁寧にご指導、ご協力をいただきました。

そのおかげもあり、A様も実習の時間のなかで、担当する業務をしっかりおこなうことができました。

施設外実習を受けるにじ利用者のA様
ベッドのふちまできれいにしていきました

ご指導くださったスタッフの方からは「一所懸命に清掃していただき、とても助かりました。わたしたちもAさんの姿から学ぶことがありました」と、大変うれしいお言葉をいただきました。

A様ご自身も、これからの社会生活にむけ「自分にも社会でできることがある」と、実感することができたようでした。最終日には笑顔で「しかし、疲れたなあ」とおっしゃっていました。

今回のような、働いたあとの充実感を味わうことができるように、引きつづき社会復帰に向けた活動を「にじ」で一緒にがんばっていきましょうと、確認しあうことができ、満足のいく施設外実習となりました。

 

株式会社 美装管理のみなさま、実習へのご協力、本当にありがとうございました。

PAGETOP