社会福祉法人農協共済

別府リハビリテーションセンター

〒874-8611 大分県別府市鶴見1026-10

0977-67-1711
0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

「にじ」就労移行支援「集団体育訓練の支援作業」をご紹介します

訓練に使う椅子を並べる「にじ」の就労移行支援メンバーの方
間違えないよう、配置図どおりに椅子を並べる「にじ」就労移行支援メンバーのみなさま

別府リハの障害者支援施設「にじ」の支援のひとつである「就労移行支援」では、社会復帰のための訓練の一環として、「にじ」でおこなわれる自立支援訓練の補助作業や事務作業を、利用者のみなさまがおこなっています。

今回はその中のひとつである「『集団体育訓練』の支援作業」をご紹介します。

「集団体育訓練」とは「にじ」利用者のみなさまが週に2回全員でおこなっている、体力向上のためのスクワットのことです。

「にじ」の集団体育訓練でスクワットをされる利用者のみなさま
「集団体育訓練」では、1セット10回のスクワットを20セットおこないます。

就労移行支援の訓練メンバーの方は、この中で、スクワットで使う椅子の準備や記録カードの準備をおこなっています。

椅子を丁寧に並べる「にじ」就労支援メンバーの方
利用者のみなさま全員分をひとつずつ準備します。

椅子は「にじ」利用者のみなさま全員分を、就労移行支援メンバーの方が用意します。この時、どのメンバーが見ても作業しやすいよう、ご自分たちで椅子の配置図も作っていらっしゃいます。

椅子の準備が終われば、次は利用者のみなさまがそれぞれスクワットを何回したかを記録する「記録カード」の準備です。

スクワットの回数を記録する「記録カード」
スクワットの回数を記録する「記録カード」。

たくさんいらっしゃる利用者のみなさまの顔と名前を覚えるのは大変なことですが、就労移行メンバーのみなさまは一生懸命努力されて覚え、お一人おひとりに渡されています。

スクワットの記録カードを並べる「にじ」就労移行メンバーの方
机に「記録カード」を並べて準備します。

スクワット記録カードを「にじ」利用者の方にお渡しする就労移行支援メンバーの方
顔を名前を確認しながらおひとりずつに記録カードをお渡ししていきます。

さらにスクワット終了後には、集めたカードを1枚ずつ見ながら、パソコンを使ってスクワットの回数のデータ入力作業をおこないます。
PCでデータ入力を行う「にじ」就労移行支援メンバーの方
集中力を必要とする大変な作業ですが、名前と数字を間違えないよう、丁寧におこないます。

入力が終わったら、そのデータを職員にメールで送って、作業はようやく終了となります。

「集団体育訓練」ひとつをとっても、こんなに多くの仕事の要素があるんだ、ということを読者のみなさまにもきっとおわかりいただけたのではないでしょうか。

就労移行支援メンバーのみなさまは、こうした作業をひとつひとつ丁寧に続け、社会復帰をめざしていらっしゃるのです。
 

  • 障害者支援施設「にじ」についてはこちらをご覧ください。
PAGETOP