社会福祉法人農協共済

別府リハビリテーションセンター

〒874-8611 大分県別府市鶴見1026-10

0977-67-1711
0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

「にじ」利用者の方が就労移行支援で3週間の「職場実習」を終えました!

にじの就労移行支援実習先「大地」
Aさんをはじめとする利用者のみなさまの実習にご協力いただいた、就労継続A型事業所「大地」さまの外観。

 

別府リハ障害者支援施設「にじ」の就労移行支援で、2年間訓練をがんばってこられたAさん。
訓練の総仕上げは「にじ」の外に出ての実習です。
Aさんは、ご自宅から通える場所にある、就労継続A型事業所「大地」で実習をさせていただきました。

就労移行支援の職場実習で牛に餌をやる作業中のにじ利用者の方
餌の乾し草を肉牛に与えます。これが結構な重労働です!

 

 

毎日のおもな作業は、畑作業や牛舎での餌やり作業。
想像していたよりもずっと大きい、たくさんの肉牛が餌を待っています。
Aさんは2~3人ひと組で、飼料や乾し草などの餌やりをしました。

餌やりで近づいても穏やかな牛
かなり近づいて餌をやりますが、牛はおとなしく、まったく怖くありませんでした。

 

かなりの肉体労働ですが、もともと動物好きなAさんは、牛やのら猫とふれあいながら、熱心に働きました。
実習は前半・後半あわせて3週間にもおよびましたが、ほかの利用者の方と一緒に、しっかりと勤めきることができました。

 

餌やりの作業を2・3人の組になって行う「にじ」利用者の方
2・3人ひと組となり、軽トラの荷台に積まれた餌をバケツにすくって牛にやっていきます。

 

そしてAさんは「ここで働こう!」と心を決められたのです。

 

実習を終えたAさんは「楽しかった」とおっしゃっていました。長いリハビリ期間があったからこそ、社会で「働く」ことの喜びをかみしめられたのでしょう。

 

約4年半という、長い入院・入所生活を終え、まもなくAさんの新しい社会生活がはじまります。

もしかすると、病気をする前とずいぶん違う生活かもしれません。

しかし、新しい職場である就労継続A型事業所「大地」での仕事やこれからの生活が、Aさんにとって楽しく、充実したものになることを、スタッフ一同心から願っています。

 

  • 障害者支援施設「にじ」についてはこちらをご覧ください。
PAGETOP