本文へ移動
医師・管理職を対象としたコミュニケーション研修をおこないました。
2018-11-09
NEW
講師の石本 田鶴子 先生
講師の石本 田鶴子 先生
コミュニケーションゲームの様子
コミュニケーションゲームの様子
11月6日(火)に、コミュニケーションオフィスtaz(タズ)代表の石本 田鶴子 先生をお招きして、医師・管理職を対象としたコミュニケーション研修をおこないました。
 
石本先生は、2014年に九州で初めて一般財団法人 日本教育推進財団 認定コミュニケーショントレーナに認定され、以降、日本コミュニケーション能力認定協会シニアトレーナー、PHPビジネスコーチ、日本アンガーマネジメントファシリテーター、大分県立看護科学大学非常勤講師、九州コミュニケーションフォーラム副会長、クレインコミュニケーションクラブ代表などとして多岐にわたりご活躍されている、コミュニケーションのスペシャリストです。
 
責任ある立場の医師・管理職のコミュニケーション能力を高める目的で、患者・利用者やそのご家族の皆さま、そして多職種の職員とのコミュニケーションに必要なものについて、基本に立ち返りグループワークも交えて勉強しました。
 
グループワークでは、隠された図形がどのような形なのか、二人組でコミュニケーションを取りながら当てるゲームを行いました。15組が挑戦しましたが正解できた組は1組だけしかなく、参加者は自分の考えを相手に伝えることの難しさを痛感した様子でした。
また、挨拶の重要性についても講義があり、基本的なことが最も重要なことだと改めて考えさせられました。
最後の質疑応答では医師や看護師などから、日常業務で感じている職員間や患者・利用者の皆さまなどとのコミュニケーションにまつわる質問が数多くでましたが、対応方法や考え方などをわかりやすく教えてくださり、質問した職員もそれ以外の参加者も皆納得した様子でした。
 
今回の研修では、コミュニケーションの重要性や難しさ、奥深さなどを改めて知ることができました。当センターでは今後もこの様な研修をおこない、より良い福祉・医療・介護サービスの提供に努めて参ります。
PDFファイルをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。
ダウンロードはこちら
TOPへ戻る