本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「にじ就労移行の取り組み紹介」  【障害者就職面接会】

2019-09-30
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
面接会会場に到着!
応募者受付です。
求人票に目を通します!
企業面接開始!
最後にアンケート提出します
お疲れ様でした!
9月25日に「 令和元年度 障害者就職面接会 」がレンブラントホテル大分にて開催されました。 「にじ・就労移行」からも3名のメンバーが参加しました。
当日は、午前の部で40社、午後の部で34社の企業が来て下さいました。
 
 面接会場内は多くの志願者で賑わっており、「にじ・就労移行」の3名も、早速下調べした企業に向かいました。事前に、勉強会で学んできた面接のマナーや質問されるだろうと思われる内容(志望動機、長所、短所)、また自分の障害についてや職場に配慮をして頂きたいことについてなど、具体的に述べる練習をしてきたことを実践していました。
 みんな真剣に企業の話を聞き、自分がここで働けるかを考えながら積極的にいろんな企業を見て回っていました。終了時には疲れ果てた状態でしたが、求められている事や伝えるべき事など、学びの多い一日でした。
 

みょうばんクリニック健康教室 9月「守ろう!自分のからだと財産」を開催しました

2019-09-27
カテゴリ:みょうばんクリニック外来
 9月21日(土)令和元年度第2回みょうばんクリニック健康教室を開催しました。講師に大分県別府警察署 鉄輪交番所長 吉田法弘警部補をお招きし、「守ろう!自分のからだと財産」についてお話しをしていただきました。交通事故は主要な幹線道路や坂道の見通しの悪い道路でおこることは意外と少なく、駐車場などでの「こつん」事故が多いとのことでした。死亡事故は別府市で昨年2件・今年は現在1件だそうです。9月21日からは秋の交通安全週間が始まり、地域の安全を見守っていただいている鉄輪交番からお招きできたこともあり、地域での交通事故の現状についてお話しいただけました。特殊詐欺事件では葬儀代と思って貯金しているお金を狙われているケースが多く、世界中から日本人が狙われています、被害に遭わないためには、犯人の声が残る留守番電話機能の活用やお金を振り込む前に誰かに相談をしてほしいとのことでした。
 講演後は、体力測定や恒例の元気アップ体操などを行いました。
 次回は、11月30日土曜日に開催予定です。(10月下旬配布の市報11月号に掲載予定)皆様の参加をお待ちしています。

「にじ就労移行の取り組み紹介」  【にじ就労移行支援OBとの交流会】

2019-09-18
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
皆で準備!
お・も・て・な・し
ご意見お聞きします
先輩方の貴重なご意見
本音で語ってくれました
皆さん、ありがとうございました!

涼やかな秋風を感じる初秋の914日。年に二回催されるОB会が開催されました。

今回も懐かしい卒業生と逢うことが出来ました!

皆さん元気そうでなによりです。

 

事前に就労メンバーが提示していた質問事項に、卒業生達は真摯に、時には笑いを交え答えてくれました。

答え難いと思われる質問にも積極的に、本音で語ってくれました。

卒業生の貴重な意見を聞き、就労メンバーも自分のこれから進むべき道が見えてきたようです。

二時間という限られた時間でしたが、とても有意義で濃い内容のОB会となりました。

又、元気な笑顔に会えますよう、楽しみにしています。

10月の公民館祭に向けて出展作品の制作を始めました。

2019-09-17
カテゴリ:あおぞら

 「あおぞら」では毎年秋に開催される「西部地区公民館祭」に作品を出展しています。
 利用者の皆様が日々趣味や訓練として取り組んでいる手工芸や書道などの作品を公民館祭へ出展し、多くの地域住民の方々に見て頂いています。
 病気の後遺症もあり不自由な手先を懸命に使い、訓練の合間に時間をかけながら少しずつ制作を進めています。
 個人制作と共同制作合わせて、今年は13名の方が作品を出展予定です。
 今回の合作は、少し難しい「折り紙クラフト」に挑戦中です。
 作品が完成しましたらまた報告致します。皆さん、お楽しみに!!
 

                                                        通所リハビリ あおぞら通信

南石垣支援学校 中学部3名が「ジョブ・チャレンジ」に来ました。

2019-09-17
カテゴリ:障害福祉サービス事業所 みのり
カボスの収穫を体験
収穫したカボスをコンテナへ入れます
ミニトマトもうまく収穫できました
9月12日~13日にかけて、南石垣支援学校の中学部2・3年生の生徒3名が、みのりに「ジョブ・チャレンジ」として、体験・実習に来られました。
みのりの利用者と一緒に、カボスやミニトマトの収穫を体験しました。
カボスの収穫では、2日間で約500kgの収穫量をみのりの利用者と一緒に、はさみを使い、収穫しました。
ミニトマトの収穫も、最初はうまくいかずに、ヘタの部分が取れたりしていましたが、だんだんとうまくなって、きれいに収穫をすることができていました。
どちらの収穫も初めての、経験だったようで、とても楽しく行えていました。
これから、高等部に進学し、様々な実習があるとは思いますが、みのりでの実習も思い出しながら、頑張ってほしいと思います。
お見舞い・ご面会について
詳しくはこちら
PDFファイルをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。
ダウンロードはこちら
TOPへ戻る