本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

<みのり>ミニトマト作業日記 ~2号温室・その③~

2017-06-29
カテゴリ:障害福祉サービス事業所 みのり
①パイプとパイプの間に支柱を渡します(片麻痺の方は2人で行います)
②台車に載せて広いハウス内を移動します
③役割を決めて、効率よく行います
④すべて設置できました      (その数約500本)
⑤キノコ狩り?
⑥食べられなくて残念・・・
平成29年6月29日(木)曇りときどき小雨
温室の中は蒸し暑く、午前10時の段階ですでに30度を超えていました。
2号温室では、今日も下準備が進められています。
 
30㎝の塩ビパイプ45㎝ほどの支柱を、ココバックの間に設置する作業が行われていました。
これらの器具は何のために必要なのでしょうか?作業中の利用者の方にお聞きしました。
 
「ミニトマトが成長すると、茎が太く重くなり下がってしまいます。茎が地面に接地すると踏まれたり、痛んでしまいます。そうならないように、茎を受けて支えるためのものです。」
なるほど!・・・知れば知るほど奥深い、ミニトマト栽培です。
 
ところで、なにか白いものを収穫している利用者の方がいらっしゃいます。
何かと思えば・・・苗床に生えてきた“きのこ”でした。
苗についてきた“きのこ”が適度な温度と湿度、栄養分で育ったようです。
調べると“ツルダケ”というきのこの種類でした。残念なことに食べられないそうです。
思いがけない作業もあった<みのり>でした。
                                     障害福祉サービス事業所<みのり>

ジメジメ時期の転倒予防!

2017-06-29
カテゴリ:あおぞら
チェック

 一般的に快適な湿度は40%~60%と言われていますが、梅雨や夏を迎えると湿度が高くなり湿度が80%を超えジメジメとしてきます。

 そこで気をつけないといけない事が「床に足が引っ掛かっての転倒」です。湿度が低い時は足の裏をすべらせる様に歩けていた場所も湿度が高くなることですべりにくくなります。その分、膝を高めに上げて歩くことやかかとから足を着地させることが転倒予防になります。
 
 
【転びやすい方の特徴】
 ①膝を上げずに歩く         
 ②すり足で足首を使わずに歩く
 ③歩幅が狭くチョコチョコと歩く  
 ④手を振らずに歩く
 
 あおぞらでは転倒予防のため、室内の湿度調整や担当のセラピストが個別に歩行や運動の提案をおこなっています。
 ご相談などがありましたら職員へ気軽に声をお掛け下さい。

通所リハビリ あおぞら通信

<みのり>ミニトマト作業日記 ~2号温室・その②~

2017-06-28
カテゴリ:障害福祉サービス事業所 みのり
苗に一つひとつ、つまんで置きます
ひとつも置き忘れがないように・・・
クリップは開いた状態で置きます。直径2.5㎝くらいです
1号温室の固定した状態です
平成29年6月28日(水)雨のち曇り
 
昨日定植したミニトマトの苗は、元気です。
 
今日は、一つひとつの苗の横にクリップを置く作業をしていました。
このクリップは、何のために必要なのでしょうか?作業中の利用者の方にお聞きしました。
「これからミニトマトが成長すると、茎が重みで倒れてしまいます。茎が倒れないように紐で誘引するのですが、茎に紐を固定させる道具がこのクリップです。」
クリップをすぐに使えるように、準備をしているのでした。
 
何しろ、6,200本の苗に一つひとつ置くのですから・・・
忍耐力と、小さいクリップをつまむ巧緻性が必要な、地道な作業でした。  
                                     障害福祉サービス事業所<みのり>

<みのり>ミニトマト作業日記 ~2号温室定植~

2017-06-27
カテゴリ:障害福祉サービス事業所 みのり
このダンボールにぎっしり詰められて送られてきました
苗ポットを優しくつかみ、ドリッパーを差し込みます
利用者の方々や職員で、端から順番に植えます
中腰の耐久性を必要とする体勢です
苗は植える向きがあり、3番目の葉が通路を向くように植えます
きれいに全部植えられました・・・ 順調に育ちますように
平成29年6月27日(火)9時より、待ちにまった2号温室の定植(苗を苗床から移して、本式に植えること)です。
15㎝ほどの苗は、種から40日かけて育てられ、愛媛県から海を渡ってやってきました。
6,200本の苗は、利用者の方々からていねいに植えられ、約40日後の収穫の日を待つことになります。
不織布に包まれた株をつぶさないように、ココバックの穴にのせ、栄養分を通す管のドリッパーを差し込みます。
集中力と繊細さが求められ、体勢もバランスを要する中腰の作業です。
皆様の熱心な作業により、あっという間にハウス一面の定植が完了しました。 
                                       障害福祉サービス事業所<みのり>                            

ミニ活動で指先強化!

2017-06-27
カテゴリ:みょうばん
注目

  今年度に入り、帰りの待ち時間を利用してミニ活動を始めました。指先の動きを強化するためのゲームを行ったり、お話をしながら皆さんがお席で使用する箱を作ったりと車を待つ間の時間を有効活用しています。今後も活動の幅を広げていきたいと思っていますので取り組んでみたい活動がありましたらリクエストお待ちしています。

 

通所リハビリ みょうばん通信

お手玉取り①
お手玉取り②
連絡ノート作り①
連絡ノート作り②
トランプゲーム①
トランプゲーム②
お見舞い・ご面会について
詳しくはこちら
PDFファイルをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。
ダウンロードはこちら
TOPへ戻る