BRCブログ 四季折々

BRCブログ 四季折々

 

いきいき生活講座 ~認知症の基礎知識~

2017-09-11
カテゴリ:みょうばん
注目
 8月は、皆さんと認知症の知識を深める講座を開催しました。内容は、年齢相応の物忘れと認知症状の違いをお伝えし、正しく認知症を理解して頂けるようスライドを用いて説明しました。
 認知症の治療として大切なことは、「おかしいな」と思ったら早期に専門的な病院で診てもらうことです。
薬物療法で認知症の進行をなるべく抑え、運動療法と脳トレ活動を通して脳と体に良い刺激を多く取り込むことが大切であり、毎日、継続することも必要となります。
 今回は、足踏み運動や拮抗体操、計算や文字の並び替え、間違い探しなど頭の体操を楽しみながら行いました。是非、自宅でも体と頭の体操を継続して認知症予防に取り組んでいきましょう。
 いきいき生活講座を月1回開催して早1年が経過しました。これからも皆さんの生活に役に立つ情報を発信していきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

<みのり> ~3号温室作業風景~

2017-09-08
カテゴリ:障害福祉サービス事業所 みのり
1本1本丁寧に・・・
箱詰めされて送られてきた苗
ペアで手分けして・・・
平成29年9月7日(木) 雨のち曇り ときどき雷
 
3号温室のミニトマト定植作業を行いました。
利用者・パート職員約20名で、約6,150本のミニトマト苗を2時間かけて定植しました。
品種は、消費者・市場関係者から絶大な人気のある千果99を6,000本(甘く色味が良く程よい酸味もある)と、プラム型あいこ赤と黄を合計150本(果肉が厚く甘みもあり、リコピンが通常のミニトマトの2倍)です。
順調にいけば、11月初旬から本格的な収穫が始まります。
温室担当利用者の方々も、作る喜びを大いに感じながら作業に取り組んでいます。                             
                                                   障害福祉サービス事業所<みのり>

立ち上がり動作を見直そう!

2017-09-07
カテゴリ:あおぞら
注目
 日常生活の中で、立ち上がり動作はベッドや椅子・車いす、トイレなどで1日に何度も行う動作です。足の筋力が弱くなってくると立ち上がり難くなり、また手すりを引き寄せながら使用し腕の力に頼ることで腕や肩への負担が増え、日々繰り返すことで肩などを痛める原因にもなりかねません。今一度、身体の使い方を確認し効率良い動作方法を身につけましょう。
 
☆立ち上がる前の確認ポイント☆
 1.両方の足の裏がしっかり床に接地していること
 2.足部を後方に引いた位置であること
   *くるぶしが膝関節よりも少し後方になるように
   *足に体重が乗せやすくなります
 
☆立ち上がる時のポイント☆
 1.自然とお尻が浮くまで体を前傾させ、重心を前に移動すること
   *指先に体重をかける
 2.体を急いで起こさないこと
   *つま先に体重が乗っていないまま急いで体を起こそうとすると、踵で突っ張ることになり、尻もちをつくことになります
 
 椅子等からの立ち上がり動作はご自宅での運動として取り組まれている方も多いと思います。足の筋力強化にもなり、歩行に対しても良い効果が期待できますので、上記のポイントを意識しながら行ってみてください。

 

通所リハビリ あおぞら通信

「にじ・就労移行の取り組み紹介⑩ 」 【事務補助作業 手仕事①】

2017-09-05
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
重しで押さえて
必需品の重しも様々。
たくさん出来ました
これを作っています
細かいカット作業 
完成!おしゃれでしょ?
「にじ・就労移行」では、機能訓練も兼ねて、手先を使う細かい事務作業を行います。
今日は「タオルカット」と「ナンバープレート作り」の様子を紹介します。
 
古くなったタオルは「さっと使えて捨てられる布」として再生しています。雑巾より衛生的なので病棟などでも利用されています。小さめサイズにハサミでカットしますが、片手でタオルを切るには、“重し”を置くなど工夫が必要です。また、同じサイズになるよう台紙を準備して切っていきました。
 
一方ではナンバープレートの作成です。施設内にたくさん設置しているハンドソープの管理をしやすくする為のものです。
パソコンでナンバーカードを作成してからラミネート,カットして、ぶら下げる輪っかをつけて仕上げました。作成された方のセンスが光りますね♪
 
                                                                                     障害者支援施設<にじ>

今日のひとコマ

2017-09-05
カテゴリ:みょうばん
注目
 今日は、生活いきいき講座でセラピストから靴による足のトラブル・靴の選び方の話しをしました。
 自分の足に合ってない靴を履いていると転倒の危険や足の痛み外反母趾の原因になります。みなさん興味をもって聞いてくださいました。
 下記のようなことに注意しながら靴選びをしていきましょう!
 

【靴の選定方法】

 ①かかとを合わせて1~1.5cm程度の余裕

 ②かかとを合わせて足の甲を確認

 ③かかとの形状

 ④足のアーチ

 ⑤母趾・小趾の幅

 ⑥くるぶしのあたり

通所リハビリ みょうばん通信


社会福祉法人農協共済
別府リハビリテーションセンター
〒874-8611
大分県別府市鶴見1026-10
TEL.0977-67-1711 ㈹
PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。 最新版をお持ちでない方は、こちらからAdobe readerをダウンロードしてください。(無償)