0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【通所リハビリ】6月ふれあい健康教室をおこないました

健康講話をお聴きになる利用者のみなさま

通所リハビリテーション「ふれあい」では、利用者のみなさまの健康管理の一環として健康講話をおこなっています。

梅雨に入り暑さと湿気のため体調を崩される方もいらっしゃいます。

今回は看護師より「熱中症から身を守ろう」と題して、かくれ脱水対策について講話をおこないました。

講話の資料をご覧になる利用者さま

・高齢者が脱水になりやすい理由
・かくれ脱水にならないためにできる工夫
・夏の脱水症のサイン
・経口補水液を飲むときの心得

などについて話をしました。

職員と講話の資料をご覧になる利用者さま

喉の渇きや体調不良に気づきにくい高齢者の脱水予防は周囲のサポートが必要です。

ご利用中は水分補給をしていただくよう、スタッフが促しをおこなっています。

ご家庭でも水分補給の声掛けをおこない、体調不良の時は早めに病院受診をし重症化しないよう対策をお願いします。

【訪問リハビリ】春到来!屋外での歩行練習を開始しました

ふれあい前の梅A
咲きはじめの頃の「ふれあい」前の紅梅

春の日差しと暖かさに導かれ、別府リハの通所リハビリテーション事業所「ふれあい」前の紅梅が見事な花を咲かせました。

ときにはメジロやウグイスも訪れて、きれいなさえずりを聞かせてくれています。

屋外歩行訓練(階段)
屋外での階段昇降を練習するAさまと理学療法士

今回は、暖かくなってますますがんばっていらっしゃる、利用者Aさまのリハビリの様子をご紹介します。

Aさまは、別府リハの通所リハビリと訪問リハビリとを併用し、「1人で散歩などの外出ができる」ことを目標に、通所リハビリでは筋力・耐久性向上のためのマシントレーニングを、また訪問リハビリではバランス練習や階段昇降などの運動を、それぞれおこなっていらっしゃいます。

冬の間は施設内・ご自宅内と、屋内を中心としたリハビリでしたが、春の訪れとともに、屋外に出て、歩行練習をはじめとする運動を再開することができました。

屋外歩行訓練のようす
暖かくなり、散策コースをふたたび歩けるように

冬がはじまる前と同じコースを散策することもできて、通所リハビリで取り組んでこられた運動の効果を実感しています。

今後もAさまの「ひとりで散歩や外出ができる」という目標の達成にむけ、歩行バランスの安定と耐久性の向上をめざして支援していきます!

ふれあい前の梅C
満開になった「ふれあい」の紅梅

PAGETOP