0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

競輪補助事業完了のお知らせ

2022年1月18日

この度、2021年度の競輪の補助を受けて、以下の事業を完了いたしました。

本事業の実施により、利用者の皆様の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図ることができます。

ここに、事業完了の報告を申し上げますとともに、公益財団法人JKA様をはじめ、ご協力を賜りました関係者の皆様に謹んで感謝の意を表します。

社会福祉法人 農協共済
別府リハビリテーションセンター
理事長 大塚 義巳

⇔下の表は横スクロールできます

事業名 2021年度「緊急的な対応を必要とする事業(新型コロナウイルス感染症の拡大防止策)」
事業の内容 サーマルカメラ3台、パソコン1台の整備
補助金額 941,000円
実施場所 大分県別府市大字鶴見字中山田1026番地の10
完了年月日 2021年12月8日
  • 当法人における実施内容について、くわしくは以下をご覧ください。

競輪補助事業完了のお知らせ(PDF)(641KB)
公益事業振興補助事業(競輪補助事業)のご紹介

  • 競輪の補助事業(JKA Social Action)についてはこちらをご覧ください。

【採用情報】職員募集について(令和4年4月1日採用、随時採用)

2022年1月11日

現在募集中の職種は以下のとおりです。
募集要項はこちらからご覧ください。

就職をご検討中の方に当法人を知っていただくための動画も公開中です。ぜひご覧ください

  • 医師(随時)
  • 事務員(令和4年4月1日採用)
  • 作業療法士(令和4年4月1日採用)
  • 社会福祉士(令和4年4月1日採用)NEW!

新型コロナウイルス(変異株)
感染拡大にともなう面会禁止について

2022年1月6日

新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株への感染が全国で急速に拡大しています。

大分県においても感染が確認され、今後さらに拡大する恐れがあります。

これをふまえ、当センターでは、令和4年1月9日(日)より、患者・利用者のみなさまに対する対面でのご面会を禁止とさせていただきます

ただし、以下の場合を除きます。

  • 当センターよりご家族に対しお越しいただくようお願いした場合
  • 入院・退院の手続きの際
  • その他当センターが、患者・利用者のみなさまのために必要と判断した場合

なお、オンラインでのご面会はひきつづき実施いたします(くわしくはこちらをご覧ください)。

また、患者・利用者のみなさまの洗濯物などの受け渡しについては、総合受付(本館4階)にて、土日祝日を除く10時00分~19時00分の時間帯に対応させていただきます

面会禁止の解除時期につきましては、あらためてお知らせいたします。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、患者・利用者のみなさまを守るため、ご理解・ご協力くださいますようお願い申し上げます。

ご不明の点がございましたらお電話にてお問い合わせください

社会福祉法人 農協共済 別府リハビリテーションセンター センター長

令和4年 年頭のご挨拶

2022年1月1日

明けましておめでとうございます。

令和4年の新春を迎えるにあたり、ひと言ご挨拶を申し上げます。

最初に、別府リハビリテーションセンターをご利用していただいている患者・利用者とご家族、関係病院・施設、サポート企業等の皆様には、日頃よりのご厚情に心から感謝を申し上げます。

昨年は、一昨年と同様に新型コロナウイルス感染症に振り回され続けた年となりました。この間、感染防止の観点から面会禁止や施設内立入禁止を継続せざるをえず、皆様には大変なご不便をおかけしました。

幸いにもいまのところ陽性者の発生を抑えることができています。皆様のご協力には、重ねて感謝を申し上げます。

さて、ご案内の通り、昨年12月末をもって、18年間診療を続けてきましたみょうばんクリニックを閉院しました。そして、1月始からは内科外来を本院に移し診察を継続することとしました。

みょうばんクリニックの介護保険事業所をご利用くださっていた皆様も本院の介護保険事業所へお移りいただきリハビリテーションをご継続いただくことといたしました。

隣接するとはいえ、本院とみょうばんクリニックの間では若干の距離がありましたので、みょうばんクリニックで行っていた診療を本院に統合することで、ワンストップで受診、ご利用いただけるようにいたしました。

この変更に合わせて、職員ユニフォームも一新することとしました。1年の始まりである1月から新鮮な気持ちで患者・利用者の皆様をお迎えできるものと思っております。

また、デジタル化についてもお伝えしたいと思います。

新型コロナウイルス感染症の流行による人流抑制や昨今のAI(人工知能)の発達もあり、世の中のデジタル化が急速に進展してきています。

別府リハビリテーションセンターでもデジタル化を推進しており、無料Wi-Fiスポットを設置したり、マイナンバーカードを診察券として利用できるようにしたりしています。

患者・利用者の皆様の利便性が高まるように、これからもさまざまなデジタル化の取組みを進めていきたいと思っています。

最後になりますが、私達の基本理念は「すべての人が地域でしあわせに生活できる社会の実現」です。まだまだ新型コロナとの戦いは続きますが、常に最高のリハビリテーションをご提供できるように役職員一同努めてまいりますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

令和4年1月1日

社会福祉法人 農協共済
別府リハビリテーションセンター
理事長 大塚 義巳

通所リハビリテーション事業所「ふれあい」の
改修工事が完了し竣工式をおこないました

2021年12月28日

通所リハビリテーション事業所「ふれあい」竣工式の様子
竣工式のようす

12月23日(木)、通所リハビリテーション事業所「ふれあい」ほかの改修工事が完了し、竣工式をおこないました。

玉串を捧げる理事長の大塚義巳
祭壇に玉串を捧げる別府リハビリテーションセンター理事長の大塚 義巳

当日は、法人役職員および全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)常務理事の岩下 秀樹様をはじめ多くの工事関係者が出席し、工事期間中の無事故に感謝しつつ、火男火売神社(ほのおほのめじんじゃ)の宮司により、神事が厳かに執りおこなわれました。

令和4年1月4日からは、リニューアルしたこの「ふれあい」を中心に、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションのサービスのご提供をおこなってまいります。

役職員一同、一層のサービスの質向上に努めてまいりますので、社会福祉法人 農協共済 別府リハビリテーションセンターを引き続きご利用いただきますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。

JA共済連様からPCR測定機器をご寄贈いただきました

2021年12月27日

JA共済連常務理事の岩下秀樹様(左)と当法人理事長の大塚義巳(右)
JA共済連常務理事の岩下 秀樹様(左)と当センター理事長の大塚 義巳(右)

このたび、全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)様から別府リハビリテーションセンターに対し、全自動遺伝子解析装置(新型コロナウイルスPCR測定機器)の寄贈を賜り、12月22日(水)、JA共済連 常務理事の岩下 秀樹様より別府リハビリテーションセンター 理事長の大塚 義巳へ目録の贈呈がおこなわれました。

岩下様からは「新型コロナウイルスの感染流行の中でも、感染を抑制しながら地域医療を提供し続けていることに敬意を表する。ついては、これから入院・入所される方々にPCR検査を即時に実施して感染防止に努め、より安心・安全な療養環境の中で、これからも地域医療に貢献していただきたい」との励ましのお言葉をいただきました。理事長の大塚は「これからも、リハビリテーションを必要とされている方々、地域のみなさま、そして農家やJAの組合員のみなさまのお役に立ち続けられるよう今回のこの装置を十分に活用させていただき、ご期待に沿えるように努めてまいります」とお礼を申し上げました。

ご寄贈、誠にありがとうございました。役職員一同、心より感謝申し上げます。

全自動遺伝子解析装置 Smart Gene(スマートジーン)

ご寄贈いただいた全自動遺伝子解析装置 Smart Gene(画像提供:株式会社ミズホメディー)

みょうばんクリニック
(診療事業および介護保険事業)の閉院・閉所のおしらせ

2021年12月20日

平素より当法人の事業運営にご理解とご協力を賜り、心よりお礼申し上げます。

 

当法人は令和3年12月31日を以て、「みょうばんクリニック」にて実施していた診療所・通所リハビリテーション事業所・訪問リハビリテーション事業所を閉院・閉所することといたしました。

長い間、地域の皆様にご利用いただきありがとうございました。

 

令和4年1月1日からは、「みょうばんクリニック」にて実施していた機能を、「農協共済別府リハビリテーションセンター」に集約いたします。

 

「みょうばんクリニック」をご利用いただいている患者様・利用者様につきましては、サービスの質の向上に努めてまいりますので、「農協共済別府リハビリテーションセンター」を引き続きご利用くださいますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。

「臨床研究に関するお知らせ」を更新しました

2021年11月1日

現在情報公開中の臨床研究について、「臨床研究に関するお知らせ」のページでお知らせしています。
くわしくはこちらをご覧ください。

PAGETOP