0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【みのり】昼食メニューのご紹介(大分県民の日)

障害福祉サービス事業所「みのり」では、利用者さまに昼食の提供をおこなっています。(※一部利用負担あり)

11月14日は、大分県民の日のメニューを提供しました。

大分県民の日メニュー

1871年(明治4年)の11月14日に、日田県・杵築県・日出県・府内県・岡県・森県・臼杵県・佐伯県を統合して「大分県」が成立し、「大分県」という名称が初めて使われたということで、11月14日は「大分県民の日」となったそうです。

そこで、昼食には大分県の郷土料理とり天、かぼすサラダ、団子汁、鶏飯を提供しました。

大分県民の日メニューを召し上がる利用者さま

利用者さまからは、「いつも以上に美味しかった」と嬉しい言葉をいただきました。

「みのり」では、今後も利用者のみなさまに喜んでいただけるよう、いろいろなイベント食を提供してまいります。

大分県民の日のメニューを召し上がる利用者さま

障がいをお持ちで社会参加を希望される方は「みのり」で作業をしてみませんか?

相談支援事業所もあり、障がいをお持ちの方の生活等の支援も可能です。

ご利用希望の方は下記までご連絡ください。

お問い合わせ(タップで発信)

「みのり」
0977-67-1713(直)

「障害者生活支援センター」
0977-67-1897(直)

PAGETOP