0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【教育】新採用職員フォローアップ研修(1日研修)をおこないました

4月1日の入職からあっという間に3か月。

別府リハでは先日新採用職員フォローアップ研修をおこないました。

この研修は毎年7月に丸1日をかけておこなっています。このなかで新入職員は、4月の入職時研修で学んだことを復習するとともに、職員として必要なあらたな知識を学びます。

グループで振り返りのワークをする新入職員
まずはじめに、入職からの3か月をグループでふりかえりました

最初にこの研修の目的と目標を確認したあと、さっそくグループにわかれて、入職からの3か月をふり返るワークをしました。

実際に仕事をして感じた自分自身の変化や、仕事をする中で不安に思うことなどを話し合うと、緊張していた表情もだんだんと明るくなりました。

診療報酬について学ぶ新入職員
医事管理課の職員から、今の自分たちの仕事に直結している診療報酬について学びました

「福祉・医療・介護の報酬制度」では、講義を通じて、質の高いリハビリテーションやケアを提供することの大切さを学びました。

暴力や虐待への対応について学ぶ新入職員
暴力や虐待への対応について学びます

また、「暴力や虐待への対応」や「職場における安全と健康」など、職員として知っておかなければならないことについて講義を受け、メンタルヘルスについてのグループワークもおこないました。

メンタルヘルスについてのグループワークをおこなう新入職員
4月とおなじグループでワークしたため、互いの成長を実感できました

午後は、4月の研修で学んだ接遇や仕事の進め方を復習し、皆が難しいと感じることば遣いや上司・先輩への報告・連絡・相談、ビジネス文書などについて、より実践的な内容で練習しました。

最後に「明日からどう仕事に取り組んでいくか」について考え、グループ・クラス全員で共有して研修は終わりました。

受講した新入職員からは「私が感じていたことを他の部署の方も感じていることがわかり、少し安心しました」「入職してすぐの自分と今の自分を比べて見つめ直す良い機会になりました」といった感想が聞かれました。

入職3か月後は、周囲が見えはじめて「これからやっていけるだろうか」「将来先輩のような仕事をしていけるのだろうか」と不安に思うこともある時期。

別府リハでは、こうした法人全体での新人研修のほか、安全や感染に関する研修、部署・職能別の新人教育・研修をとおして、新入職員の成長をサポートしていきます。

PAGETOP