0977-67-1711

受付時間 8:20 〜 17:20 (土日祝定休)

【にじ】退所された利用者さまのご自宅を訪問しました

今年の2月に障害者支援施設 にじ を退所され、ご自宅に戻られたAさん。

その3週間後には職場復帰を果たされました。

今回、Aさんが生活やお仕事でお困りになっていないかどうかを確認するため、ご自宅を訪問しました。

生活しやすく工夫した住宅改修

入所中から住宅改修を進め、現在はご家族と一緒に生活されているAさん。

 

改修したご自宅をご紹介します。

 

まず外回り。玄関にはスロープと手すりが設置されました。

玄関にスロープ・手すりの設置

 

次は屋内です。

居室内に増設したトイレ

居室内にはAさん専用のトイレを新たに作り、浴室には手すりをつけました。

浴室内に手すり設置

Aさんが生活しやすいようにさまざまな工夫がなされていました。

職場復帰し充実の毎日

ご自宅内に特に問題はなく、Aさんも「満足している」とおっしゃっていました。

お仕事はパソコン業務が主で、順調に勤務されており、とても充実した毎日を過ごしていらっしゃるようでした。

現在はご家族が送迎されての通勤ですが、ご自分用の改造車が納車されれば、ご自身の運転で通勤される予定です。

筋力・歩行測定の様子
筋力と歩行について測定しました

体成分析装置(In Body)による測定
体成分析装置(In Body)を使った測定もおこないました(今回初めて施設外に持ち出しました!)


いっぽうで筋力や歩行の能力は、運動する機会が減って入所中にくらべ少し低下がみられているようでした。

しかし、納車後は近所のジムに通う予定とのことで、ご自分で運転できるようになることで、運動の機会も増やすことができそうです。

にじでの生活をふり返って

最後に、Aさんにあらためて「にじ」での生活を振り返っていただくと、

「身体機能が向上しただけでなく、同じような障がいの方とたくさん話しができ、気持ちを共有できたことがとても大きかったです。「にじ」で過ごした時間は、現在の生活に直結しています」

と話してくださいました。

 

家族と過ごす時間や仕事ができる喜びが、充実感に満ちたAさんの表情から伝わり、私たち「にじ」のスタッフもとても嬉しかったです。

これからも「にじ」では利用者のみなさまと悩みを共有し、お一人おひとりの目標の達成に向けて、一緒に考えながら取り組んでまいります。

PAGETOP