本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

血圧サージにご用心!

2019-03-13
カテゴリ:あおぞら

 血圧は、1日の中でも変動しています。朝起きたときは比較的高めで、眠っている間は低くなるのが一般的です。このような時間帯の変動に加えて、ストレスや睡眠不足、塩分の多い食事、トイレでいきむ、肥満、寒さ、怒り、深酒、たばこなどいくつかの誘因が重なって血圧が急激に上昇するのが血圧サージです。

 血圧サージが危険!と注目されている理由はまず血圧サージが起こっていることが判明しずらいということと、血圧サージが脳や心臓の病気を起こす要因の一つであり、健康な人に比べてリスクが高いということです。

 加齢とともに血管には弾力性がなくなり血圧の変動が大きくなりやすくなります。血管を柔らかくするにはウォーキングなどの有酸素運動が最適です。日中しっかり運動したら質の良い睡眠をとることも大事です。食事では減塩を心掛けましょう。また、さば、イワシ、サンマなどからDHAをとると血管が丈夫になる効果があります。

 その他、特別なことをしなくても普段からちょっとしたことで血圧の上昇を抑えることができます。例えば、ベルトはきつく締めない、室内ではスリッパをはく、深呼吸をしてリラックスするなどです。

 

 

                                                        通所リハビリ あおぞら通信

みょうばんクリニック健康教室3月「農園芸と生活リハビリ」を開催しました

2019-03-09
カテゴリ:みょうばんクリニック外来
「農園芸と生活リハビリ」
ただいま、体操中
花の育て方の説明書選択中
めじろん体操のひとコマ
3月9日土曜日13時30分より、みょうばんクリニック外来待合ホールにて健康教室を開催しました。講師は別府リハビリ 障害者支援施設「にじ」作業療法士の山本和也で、テーマは「農園芸と生活リハビリ」でした。
年齢を重ねてくると体を動かす機会が減ってきます。「リハビリ」=きつい運動だけでは、運動を継続することが難しくなってきます。農園芸の動作の中にも実はリハビリとなる動作が隠れているのです。生活習慣の中で、楽しく好きな農園芸を続けることも長い目で見ると立派な成果であることをお伝えさせていただきました。
次回は、6月の土曜日に通常開催予定です。5月下旬配布の市報6月号にも掲載されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

「にじ・就労移行の取り組み紹介」 【職場実習~復職に向けて~】

2018-10-18
カテゴリ:障害者支援施設 にじ
 

にじ就労移行支援で復職に向けて頑張っておられる下大園さん。どんな仕事ができるのか、どんな工夫をすればいいのか、体力はどれくらいあるのか、、、などなど、ご本人も職場の方もお互い知るために、実習の機会をいただきました。

 

にじの入所中は、ご自身の寝具のシーツ交換は毎週ご自分で実施されています。にじの就労移行の訓練では、施設内の共同スペースなどの清掃を毎週実施しています。どの作業もこれからの自分の仕事に役に立つからと、一生懸命に取り組まれています。今回の実習でもその取り組みが生かされているようでした。

 

働き者で、仕事が大好きだった下大園さんの復帰を、職場の方たちは待ってくださっています。下大園さんもその思いに応えようと、日々努力をされています。また、身体に障害が残り速く歩けないからと、いつも時間よりも早く来て準備をしています。こっそり、他の方の分まで準備をされています。そんな陰ながらの努力は、いつか実を結ぶと信じています。

 

大きな病気の後、長いリハビリの期間を終え、社会で働くことを目標に地道に努力を続けて来ました。決して楽な道ではないけれど、それでも「働きたい!」と思い続け、小さな1歩でも少しずつ前に進むことの大切さを、下大園さんの姿は私たちに教えてくれています。

シーツ交換をします。片手で頑張ります!
ベッド柵もきれいに拭いていきます。
棚も低い場所まできれいに拭きます。
作業内容の記録をします!

生き生き生活講座でこんなことしています!!

2019-02-20
カテゴリ:みょうばん

 毎日の生活の中で困っていることや疑問をもとに毎月異なったテーマで月1回セラピスト(作業療法士・理学療法士)による生活講座を実施しています。

 

 (生け花編)

 花を活けてみました。テーブルに生花、ハサミ、花瓶を用意しているとそれに興味を持った利用者が「ちょっとかしてごらん」と言いながら上手に活けていきました。

ハサミは指に力が入らず難しかったですが、切りたい部分を職員に声掛けしながら一緒に上手に活けました。

 


                                                       通所リハビリ みょうばん通信

生き生き生活講座でこんなことしています!!

2019-02-15
カテゴリ:みょうばん

 毎日の生活の中で困っていることや疑問をもとに毎月異なったテーマで月1回セラピスト(作業療法士・理学療法士)による生活講座を実施しています。

 

 (書字編)

 今回は、指先の訓練で書字を行いました。鉛筆、用紙、新聞紙を使用し鉛筆を持つ感覚や手をのばす範囲を広げる練習などをしました。実際に自分の名前を書き最初と最後で文字を比べ筆圧の違いに驚いていました。利用者の一人は、毎月の提供表のサインを自分ですることを目標に書字の練習に頑張っています。

 

 

 

                                                       通所リハビリ みょうばん通信
お見舞い・ご面会について
詳しくはこちら
PDFファイルをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。
ダウンロードはこちら
TOPへ戻る